会計事務所Lirio > 相続 > 法定相続人とは?

法定相続人とは?

法定相続人とは、民法で定められた相続によって財産を譲り受ける人のことです。

 

遺言書がない場合には、遺産分割協議により遺産を分けることになりますが、この遺産分割協議に参加出来るのは法定相続人だけとなっています。
また、相続税の計算においても法定相続人の数に基づき計算を行うため、「誰が法定相続人に該当するか」しっかり把握出来るようにしておきましょう。

 

 

 

配偶者は必ず法定相続人

 

まず、配偶者(妻や夫)は必ず法定相続人になります。
ここでいう配偶者は、法律上の婚姻関係にある者をいい、内縁関係(事実婚)は含まれません。
また、当然のことではありますが、離婚をしている場合の元夫や元妻も含まれません。

 

 

第1順位は子供

 

配偶者以外の法定相続人には優先順位があり、先順位の人がいる場合、後順位の人は法定相続人にはなれません。

 

 

まず第1順位は子供です。
実子であっても養子であっても変わりませんし、複数人いる場合には全て法定相続人になります。
離婚をしている場合の前妻や前夫との間に生まれた子供であっても、血を分けた子供であれば法定相続人になります。
また、非嫡出子(婚外子)であっても、認知している場合には法定相続人になります。
他方で、再婚した場合の連れ子については、養子縁組を行わないと法定相続人にはなれませんので注意が必要です。

 

民法上、養子は何人でもとることが出来ますが、
相続税の計算上、節税目的の養子縁組を防止する観点から法定相続人の人数に含めることが出来る養子の人数は制限されています。
(実子がいる場合) 養子は1人まで
(実子がいない場合) 養子は2人まで

 

法定相続人の数が関係するものとして「基礎控除額」、「生命保険金等の非課税額」、「死亡保険金等の非課税額」の3つがあります。

 

なお、子供が亡くなっている場合には、その子供の子供(すなわち孫)が法定相続人になります。
このように代わりに法定相続人になること「代襲相続」と言い、孫も亡くなっている場合にはひ孫というように下へ何代でも続きます。

 

 

第2順位は直系尊属(父母)

 

 

子供がいない場合には第2順位へ進みます。
第2順位は直系尊属である父母です。

 

なお、親が亡くなっている場合には、その親の親(すなわち祖父母)が法定相続人になります。
祖父母も亡くなっている場合には曾祖父母というように上へ何代でも続きます。

 

 

第3順位は兄弟姉妹

 

 

子供も父母もいない場合は更に第3順位へ進みます。
第3順位は兄弟姉妹です。

 

なお、兄弟姉妹が亡くなっている場合には、その兄弟姉妹の子供(すなわち甥や姪)が法定相続人になります。
兄弟姉妹の代襲相続は1代のみとなっています。

 

 

相続放棄があった場合

 

 

相続放棄があった場合、その相続に関して最初から相続人にはならなかったものとみなされます。
そのため、その子供が代襲相続することもありません。

 

しかし、相続税の計算上、相続放棄を利用して節税を行うことが出来ないように
相続放棄はなかったものとした場合の法定相続人の数を使うこととされています。

 

 

欠格や廃除があった場合

 

 

相続欠格とは、相続人が遺言書の偽造等の不正を働いた場合に、相続権を失う制度のことです。
相続廃除とは、相続人が被相続人を虐待する等の著しい非行を行った場合に、相続権を失う制度のことです。


欠格や廃除により相続人でなくなった人は、相続税の計算上、法定相続人の数には含まれません。
(相続放棄の場合とは異なる取扱いとなります。)


なお、欠格者や廃除を受けた人に子供がいる場合、代襲相続は可能となります。
また、その代襲相続人の人数は相続税の計算上、法定相続人の数に含まれます。

 

 

 

 

会計事務所Lirio(リリオ)では、中央区/港区/江東区/台東区など23区を中心に、東京、神奈川、千葉、埼玉で、相続に関する税務相談を承っております。
相続税申告、相続手続き、遺産分割協議書の作成、生前対策、遺言書の作成、事業承継、贈与税の特例、小規模宅地の特例や配偶者居住権、遺留分、限定承認や相続放棄など様々な相続問題について、初回相談無料でご相談を承っております。
東銀座、銀座、新橋、有楽町、汐留、築地、勝どき、月島などの東京メトロ、都営地下鉄大江戸線各駅からのアクセスも良い会計事務所、税理士事務所です。
相続についてお困りの際は、是非一度ご相談下さい。